Labo288

プログラミングのこと、GISのこと、パソコンのこと、趣味のこと

チーム開発で悩みが尽きなかったので「カイゼン・ジャーニー」を読んだ

はじめに

  • 入社2年が経過した2022年4月からエンジニアリングマネージャーを務めるようになりました。また所属先が受託メインの企業なので、小規模の受託開発のプロジェクトリーダーを並行して務めています(これは以前からやっていたが)。加えて、自社開発で試験的に取り入れたスクラム開発のスクラムマスターを務めるようになりました。
  • つまり3年目からはプレイヤーからマネージャーに役職が大きくシフトしました。個人的にはプレイヤーとしてまだまだ未熟という自覚があるので、技術を深掘りしたい気持ちはあるものの、マネージャーを経験しておくと視野が広がりそうだなとか、やってみたら案外面白いかもという気持ちもあります。

そんなわけで2022年度も残り3分の1ですが、いろいろ悩みが尽きず、やや心が折れたところで(メンタルヘルスではなくモチベーションの話)、こういう時は歴史に学ぶべきと思い、とりあえず定番っぽい「カイゼン・ジャーニー」を読んでみました。感想などをこの記事で述べてみます。

www.amazon.co.jp

思ったこと

  • シナリオがややドラマチックすぎる?けど面白かった。物語調なので、無味乾燥なシナリオだと面白くなくなりそう。
  • いわゆるJTCでこういう立ち回りをしたら怒られそうwもしくは潰れそう。
  • 心が折れる前に、今の居場所でまだやるべき・できることはあるという、自己啓発になって行動し始めた。
  • スクラム開発の具体的なプラクティスが紹介されているが、スクラム開発じゃなくても有益だと思う。
  • 「部署・役職・会社・契約…などの境界を超えて一歩踏み出そう」というのが本書のメッセージ
    • しかしこれは、境界で区切られた各人の領域が、各人により十分にカバーされていることが前提(※1)で、そのうえで境界を越えるチームが強い、のだと思う。
      • 領域の広さが人によって違う場合どうなるだろうか?
      • 明らかに「相手の領域」に落ちているボールは、境界を踏み越えて蹴るべきだろうか?
  • シナリオでは人手不足という設定だが、各人の業務遂行能力(および学習能力)が十分以上であることが前提となっているように思えた(浜須賀くん有能すぎんか、など)。

※1:最低限の責任範囲の定義は当然のようにあって各人がその範囲をカバーしていることがチームの前提であり、本書はそこから、「越境」によりレベルアップするための本だなと思いました。